アロマと手づくり石鹸 工房和桜

アクセスカウンタ

zoom RSS 香りの講座 印香・練香講座のご案内

<<   作成日時 : 2017/06/08 12:44  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

印香作り講座のご案内

桜・イチョウの葉・富士山など いろいろな型と かわいい色をした印香(いんこう)
を作る講座です。

印香は お香の原料(沈香・白檀・丁字・他)を水で練り 形成して乾燥させ 火をつけずに 温めて芳香させます。そのままでも良い香りですが 焚いて頂くと部屋中にやさしい香りが広がります。

色々な型取りをして、ピンク・黄色・グリーンの色付けした和菓子みたいな可愛いお香です。

講座費用 7000円
内訳(講座費3000円・材料費4000円)
材料費にはオリジナル印香型・香料含みます。
※自宅に帰ってからも作れる様に数回分の香料が付いています。

★ 印香講座・練香講座 両方ご参加の方には 
「香り和桜」オリジナルアロマポットプレゼント

期日 7月15日(土)午後1時〜3時

場所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-6
   ソーシャル・ビジネス・ラボ 2Fスペース
   http://social-business-lab.org/
   東京メトロ半蔵門線 「水天宮駅」3番出口から徒歩3分
   東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町駅」4a出口から徒歩7分
持ち物
乳鉢(12cm位の物)
無い方はこちらで準備します(別途1100円)
エプロン
筆記用具

水蒸気蒸留研究会プレミアム会員の方は講座費から500円引きになりますので プレミアム会員番号を必ずお書きください。

お申し込みは
住所
氏名
携帯番号
お書きの上、下記のメールからお願いします。
tezukuri@iiwa.sakura.ne.jp
手づくり工房和桜





平安貴族の香りを作る
練香講座のご案内

日本の香りの文化の大本となる 平安時代のアロマ!!
沈香・白檀・丁字等を使った練り香は平安貴族社会に欠かせないアイテムで、自分だけの香りを衣に焚きしめた、「〇〇様の香り」は名刺のようなものだったのでしょう。
今回は「源氏物語」の香合わせにも登場する蓮の花の香り六種の薫物より 
夏の香り 荷葉 を作ります。

千二百年程前に唐より製法が伝わり、現在に至るまで愛される薫物を練香と言います。
この練香は、線香などと異なり 香りそのものを純粋に楽しむために燃やさずに 温めて芳香させます。

講座費用 7000円
内訳(講座費3000円・材料費4000円)
※自宅に帰ってからも作れる様に3回分の香料が付いています。

★ 印香講座・練香講座 両方ご参加の方には 
「香り和桜」オリジナルアロマポットプレゼント

場所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-21-6
   ソーシャル・ビジネス・ラボ 2Fスペース
   http://social-business-lab.org/
   東京メトロ半蔵門線 「水天宮駅」3番出口から徒歩3分
   東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町駅」4a出口から徒歩7分
持ち物
乳鉢(12cm位の物)
無い方はこちらで準備します(別途1100円)
エプロン
筆記用具

水蒸気蒸留研究会プレミアム会員の方は講座費から500円引きになりますので プレミアム会員番号を必ずお書きください。

お申し込みは
住所
氏名
携帯番号
お書きの上、下記のメールからお願いします。
tezukuri@iiwa.sakura.ne.jp
手づくり工房和桜

画像




画像



画像









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香りの講座 印香・練香講座のご案内 アロマと手づくり石鹸 工房和桜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる